速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第81回】

症状が3度超えると手術必要

この病気にこの名医

痔(中)

 痔(じ)には「痔核」「裂肛」「痔瘻(ろう)」の3つがある。今回は最も患者の多い痔核を紹介する。

 痔核は通常「いぼ痔」といわれ、肛(こう)門周囲の動静脈にできた瘤(こぶ)の1種。この部分が便やガスが漏れないようにクッションの役割をしており、動静脈叢(そう)という。

 「便秘でいきんだり肛門に負担をかけていると動静脈叢の血管が切れて結合織がいぼのように肛門に出てくるのが痔核です」と解説するのは平田肛門科医院(東京・港区)の平田雅彦院長(51)。その痔核は直腸と肛門の接合部の歯状線よりも内側にできると「内痔核」、外側にできると「外痔核」という。

 内痔核の症状は度合いによってT度からW度までの4段階に分けられている。

 1度…排便時に出血するが内痔核は脱出しない。

 2度…排便時に内痔核は脱出するが、排便が終わると自然に戻る。

 3度…排便時に内痔核が脱出し、指で押さないと戻らない。

 4度…排便に関係なく内痔核は脱出しっぱなし。

 「ライフスタイルを改善して適切な治療を行えば、手術の必要はほとんどありません。しかし、V度を超えると手術が必要になることもあります」。根本治療は「肛門括約筋保護手術+半閉鎖法」で、最も一般的に世界中で行われている手術。このほかに「輪ゴム結紮(けっさつ)法」や「PPH法」などがある。

 「輪ゴム結紮法は痔核が落ちるときに出血することもあるので入院施設のある病院で受けましょう。PPH法は直腸の全周に輪状の傷をつけるので、切りすぎという意見もあります」。

 一方、外痔核は動静脈叢にできる血の塊が原因の炎症で、患部に激しい痛みが生じる。「消炎薬の投与で普通は2〜3日で腫れは引きます。手術になることはごくまれです」。

 ▼肛門括約筋保護手術+半閉鎖法 便やガスの排出をコントロールしているのが肛門括約筋。これを全く傷つけずに内痔核を完全に取り除く手術。さらに患部を自然に溶ける糸で縫合するので、術後も肛門括約筋はダメージを受けることがない。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆痔の名医◆

 ▽所沢肛門病院(埼玉県所沢市)金井忠男院長
 ▽平田肛門科医院(東京都港区)平田雅彦院長
 ▽社会保険中央総合病院大腸肛門病センター(東京都新宿区)岩垂純一副院長
 ▽松島病院(横浜市西区)松島誠院長
 ▽吉田病院(新潟県長岡市)吉田鉄郎院長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ