nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 
click here!
ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル

  おくやみ
 

38歳本田美奈子さん死去、白血病で

本田美奈子さん

 「1986年のマリリン」などのヒット曲で知られ、ミュージカル女優としても活躍した歌手本田美奈子.さん(ほんだ・みなこどっと、本名工藤美奈子=くどう・みなこ)が05年11月6日午前4時38分、急性骨髄性白血病のため、都内の病院で死去した。38歳。今年1月に病気が判明して緊急入院。過酷な闘病生活だったが、「きっと元気になってみなさんの元に帰る」と信じて、最期まで闘い続けた。

 本田さんは、家族や親類、所属事務所関係者らが見守る中、息をひきとった。関係者は「文字通り、静かに眠るようでした。最後に天使みたいにほほえんで、全員から『わぁーっ』と感動の声が上がったほどでした」と振り返った。

 埼玉県朝霞市の自宅に帰った遺体は、1階の居間に安置され、家族が寄り添っているという。所属事務所はマスコミ各社に送ったファクスで「10カ月の闘病生活を送っていましたが、きょう永眠致しました」と悲報を伝えた。過酷な闘病生活の一部始終を見てきた事務所の高杉敬二社長は「明日は治るという希望のもと、勇気ある闘いをしていました。感動と勇気をもらったし、こういうアーティストに出会えて本当に良かったです」と話した。

 本田さんが緊急入院したのは今年1月13日。風邪のような症状で診察を受け、病名が判明した。3度の化学療法と臍帯血(さいたいけつ)移植手術を受けた。7月30日に一時退院し、翌31日の誕生日を自宅で迎えるなど快方の兆しもみえていたが、8月31日に再び染色体の異常が発見され、再発が判明した。米国から取り寄せた新薬も試みた。

 今年がデビュー20周年。節目の年の復帰を信じて、新アルバムを企画していた。「病室とレコーディングを行き来してつくろう。まだ20周年に間に合う」と先月から詩の創作も始めていたが、容体が急変した。高杉氏は「僕が最後に聞いた美奈子の言葉は『レコーディング頑張ろうね、ボス』でした」。

 アルバム発売、ミュージカル出演、20周年コンサートなどすべてをキャンセルした闘いだったが、本人はいつも「負けない」と前向きだった。抗がん剤の副作用で髪が抜け、毎日デザインが違うバンダナを巻いて自分を励ました。

 病床では、ファンや友人の手紙を毎日ながめ、励みにしていた。移植手術後の5月には、ファンに向けた直筆メッセージを発表。「現実を受け入れ病気と闘わなくてはいけないと思っていても、涙が止まらないのです。泣きたい時は我慢しないで泣いています」と不安な心境もつづったが「きっと輝く健康な自分が待ってくれていると信じています」と自分を奮い立たせるような言葉で結んだ。

 普段は「たくさんの人に支えられて私は生きている。そのことが病気になって初めて分かった」と繰り返し語り、不安や希望をノートに書き留めてもいた。亡くなる数日前には「自分の舞台を見たい」という本人の希望で、出演ミュージカルのDVDが届けられた。

 10月半ばに電話で話した関係者には、明るい声で「私は元気よ。あなたこそ元気なの?」と話し、笑っていたという。ミュージカル共演以来の友人、歌手岩崎宏美は、5日に病室を見舞ったときの様子をこう語った。「意識はなかったけど、大声で呼びかけると『ああ』と答えてくれました」。細身の体から繰り出す歌声同様、その生きざまは最期まで力強かった。

 ◆急性骨髄性白血病 骨髄や血液で、未熟な白血球が異常に増殖する病気。造血、免疫機能が低下し、貧血や発熱などの症状がある。白血病細胞の種類で急性骨髄性と急性リンパ性に大別される。発症は10万人あたり約6人。
 骨髄性の治療法は、まず化学療法で細胞を寛解(かんかい=消滅させること)させ、維持療法か骨髄移植を行う。臍帯血移植は、へその緒の血液に大量に含まれる、血液のもとをつくる造血幹細胞を使う。細胞が5%以下になった状態を完全寛解というが、井上外科胃腸科病院の井上毅一院長は「1度寛解しても油断はできない。若いと病気の進行も早い」。医療ジャーナリスト祢津加奈子氏は「化学療法にうまく反応せず、完全寛解までに時間がかかると再発する場合が多い」と説明する。同病では、女優夏目雅子さんが85年に27歳で亡くなった。


悼む

悪意やさい疑心と無縁の人、前向きで無類の頑張り屋

 本田さんの担当記者はみんな、彼女を「美奈子」と呼ぶ。取材対象者との適度な距離感を大切にするこの仕事では異例のことだ。「本田さんは…」と呼びかけると「美奈子でいいです」と笑顔で催促する。底抜けにフレンドリーな彼女の人柄に乗せられて、結局みんな「美奈子」と呼ぶようになる。彼女が望んだように、この原稿も「美奈子」と書かせてもらう。

 悪意やさい疑心とは無縁の人だった。食事会でも、初参加の私を気遣って隣に座り「おいしいね」と気を配る。「またこの店に来たい」と意見がまとまると、携帯電話も普及していない時代に、あっさり「ウチの電話番号は…」と教えてくる。社交辞令だと思っていたら、後日本当に電話がかかってきて面食らった。

 「ミス・サイゴン」の楽屋を訪ねた時は、客が来たことと「競馬が当たった」というダブルの感激からソファーで跳びはね、「ボス」と呼んでいる事務所社長の尻に「イェーイ」とキック。さすがにそのボスと、楽屋にいた母親にしかられ、しょんぼりした。当時25歳くらいだったと思うが、文字通り子供のように屈託のない人だった。

 前向きで、無類の頑張り屋だった。92年7月、ミュージカル「ミス・サイゴン」出演中に右足の指4本を骨折した。「大事な舞台に穴を開けた。お客さんに申し訳ない」。担当医も心配するほどのハイペースでリハビリをし、わずか28日で復帰した。3度の化学療法と臍帯血移植という過酷な治療も、あの美奈子だから耐えられたのだと思う。昨年11月に「本田美奈子.」に改名した。1画増えたせいで運気が変わったのだと周囲は案じたが「この病気も、歌手としてもっとはばたくためのハードル」と受け止め、元に戻そうとしなかった。

 アイドル歌手として曲がり角を迎えても、持ち前の頑張りと歌唱力でミュージカル、童謡、クラシックなどチャレンジの幅を広げていった。事務所社長が最後に聞いた言葉は「レコーディング頑張ろうね、ボス」。からだ全体で歌が好きな人だった。

 抗がん剤の副作用で髪が抜け、星模様のついたバンダナを巻いた闘病写真を見た。不安で毎日泣いていたというのに、それを見る人が心配しないように、笑ってピースしていた。いろいろな勇気をもらいました。美奈子、本当にありがとう。【芸能担当=梅田恵子】


「越路吹雪さんのようになりたい」夢残したままサヨナラ

へそ出しスタイルの本田美奈子さん
写真=「1986年のマリリン」がヒットし、へそ出しスタイルが人気に=86年7月

 20年後に越路吹雪さんのような歌手になりたい−。38歳で急逝した本田美奈子.さんは昨年11月末、日刊スポーツのインタビューに、そう切々と夢を語っていた。病魔に倒れる、わずか1カ月半前の肉声を、ゆかりの人々の悲しみの声とともに紹介する。

 本田さんは昨年11月28日、大阪市内のホテルのラウンジで、インタビューに応じた。クラシック・アルバム第2弾「時」のキャンペーン。デビュー20周年を目前にして、自分の半生を「アイドル期」「ミュージカル覚せい期」「クラシック期」と3段階で表現し「来年(05年)は記念ツアーを予定してるんです。クラシックから演歌まで。もちろん『マリリン』もやりますよ」などと目を輝かせて、熱く語った。

 すっかり大人っぽく、落ち着いた印象だった。約10年前には、何を聞いても「ええそうですね」「よく分かりません」と、ほとんど自分の言葉で語れなかっただけに、その成長に驚かされた。その変化について、本田さんは自分から打ち明けた。昔を「わがままだった」と振り返り、87年の主演映画「パッセンジャー〜過ぎ去りし日々〜」で音楽監督だった故渋谷森久さんとの出会いがきっかけだったと続けた。渋谷さんとは撮影後も交流を続け、じっくりと「人の道」を教えてもらったという。その人生の師は97年に他界した。

 そのキャンペーンのときも、大阪入り前に京都の渋谷さんの墓を訪ねた。アルバム「時」は渋谷さんの命日11月25日に発売。「墓前でCDを流し、1曲ずつ説明してきました」。クラシック挑戦のため、レッスンを重ね、音域が3オクターブ以上出るようになったことも報告したという。

 夢を聞くと「20年後、越路吹雪さんのような表現力を持つ歌手になっていたいんです」と、伝説のシャンソンの女王の名を迷わず口にした。その言葉は、自信と希望にあふれていた。45日後、入院の報を聞いたとき、どうしても信じられなかった。【村上久美子】


本田美奈子.の歩み

 ◆1967年(昭和42年)7月31日 東京都葛飾区柴又で生まれる。

 ◆83年 初めて訪れた原宿でスカウトされる。母と事務所を訪ねるも、事務所から半年連絡がなかった。

 ◆84年 事務所に薦められ挑んだアイドル登竜門、長崎歌謡祭でグランプリ。

 ◆85年 4月に「殺意のバカンス」でデビュー。芳本美代子、井森美幸らに競り勝ち、新人賞レース総なめ。12月7日に初の日本武道館公演を成功。

 ◆86年 「1986年のマリリン」がヒット。へそ出しスタイルが人気になり「和製マドンナ」と呼ばれる。

 ◆87年 「ワンウェイ・ジェネレーション」がヒット。シングル「ゴールデン・デイズ」で全米進出。「パッセンジャー〜過ぎ去りし日々〜」で映画初出演。

 ◆88年 女性ロックバンド「ミナコ・ウィズ・ワイルド・キャッツ」を結成。

 ◆89年 バイクの鈴鹿8時間耐久レースにスクリプター(記時係)で参加。

 ◆91年 ミュージカル「ミス・サイゴン」のヒロイン、キム役に応募者1万5087人から選ばれる。「人生最大の冒険、挑戦」とコメント。

 ◆92年 2月、「ミス・サイゴン」の舞台ベトナムで取材中に当局に軟禁された。5月5日初日。観劇した皇太子さまが「ワンウェイ・ジェネレーションをよく聴いてました」と話しかけた。7月3日の公演でセットのレールにひかれ右足指4本骨折、15針縫うけが。同31日の舞台で復帰。

 ◆93年 9月12日「ミス・サイゴン」千秋楽。508日、745公演、111万人動員。

 ◆94年 フジテレビ「陽のあたる場所」日本テレビ「遠山金志郎・美容室」などドラマに出演。4年ぶりのシングル「つばさ」、5年ぶりのアルバム「ジャンクション」発売。

 ◆97年 舞台「レ・ミゼラブル」に出演。島田歌穂とのダブルキャスト。

 ◆98年 3月に尿路結石で入院。「レ・ミゼラブル」の代役は島田が務めた。

 ◆00年 デビュー15周年。ポップス、演歌、オペラを披露するリサイタル「歌革命」に挑戦。

 ◆03年 長年の夢だったクラシックアルバム「アヴェ・マリア」発売。声域が3オクターブまで拡大。

 ◆04年 11月に姓名判断で「字画を32にすれば、輝ける未来に」といわれ、名前の最後に「.」をつけて改名した。


◆本田美奈子.
 1967年(昭和42年)7月31日、東京都生まれ。85年に「殺意のバカンス」でアイドル歌手としてデビューし、同年の「Temptation」で日本レコード大賞新人賞を受賞。92年に「ミス・サイゴン」のキム役でミュージカルデビュー。以後「レ・ミゼラブル」「屋根の上のヴァイオリン弾き」などに出演し、ミュージカルを中心に活躍した。04年11月に姓名判断で「字画を1つ増やせば、輝ける未来に」といわれ、名前の最後に「.」をつけて改名した。163センチ。血液型O。
◆葬儀日程
 ▼通夜 8日午後6時から、埼玉県朝霞市溝沼1259−1、朝霞市斎場で
 ▼告別式 9日午前10時から、同所で
 ▼喪主 母工藤美枝子(くどう・みえこ)さん
 ▼葬儀委員長 高杉敬二BMIエグゼクティブプロデューサー


関係者悲しみの声

 ミュージカル「レ・ミゼラブル」で共演した歌手岩崎宏美(46) 奇跡のような美しい声の持ち主に、奇跡が起きるよう祈っていたのに本当に残念です。人の悪口を絶対言わない天使のような子。今、私の携帯には、美奈子からのメールがいっぱい入っています。

 歌手ペギー葉山(71) 詞を作ることが好きになったと言って、いっぱい夢を持っていたのに、信じられません。昨年9月、私の公演にゲストで来てデュエットした時に、親子共演みたいだねと言われたこともあって、娘みたいに思っていました。本当にショックです。

 同期デビューのタレント芳本美代子(36) このたびは、突然の訃報(ふほう)に大変驚いております。同期の美奈子さんのご活躍は、励みにもさせていただいておりました。ごめい福を心よりお祈り申し上げます。

市村正親(左)と本田美奈子さん

 92年にミュージカル「ミス・サイゴン」で共演した俳優市村正親(56) 「ミス・サイゴン」で華々しくデビューしたとき、一緒に1年半のロングランを乗り切り、その後の美奈子のミュージカル活動は、なくてはならない存在になりました。治ったらまた一緒の舞台と思っていたのに、残念というより、悔しくてたまりません。なぜこんなにも早く…。


本田美奈子さん(左)と大地真央

 03年のミュージカル「十二夜」で共演した大地真央(49) 私のことをとても慕ってくれたかわいい笑顔を思うと、胸がはりさける思いです。病床のつらい中からもお手紙をくださり、絶対によくなってくれると信じていました。「十二夜」の猫の役で聴かせてくれた素晴らしい歌が、今も忘れられません。美奈子ちゃんの歌はいつまでも人々の心に生き続けるでしょう。


 アイドル時代の仲間だった歌手中森明菜(40) 賞レースなどでご一緒しましたが、いつも明るく接してくださいました。その時の美奈子ちゃんの笑顔が思い出されます。入院なさったとき、すぐにでもお見舞いにおうかがいしたいと思っていましたが、それもかなわず…。元気に退院してくれるものと信じていたので心が痛みます。寂しい。

 デビュー当時、事務所の先輩だった松崎しげる(55) 初めて会ったとき、セーラー服を着ていて、明るく「おはようございます」とあいさつして。気持ち的にも普段着の女の子で、僕も自分のステージに彼女を呼んだり、公私にわたって交流が深かったです。完全なボーカリストとして新しい道を切り開いていく矢先だっただけに、残念です。事務所の社長も美奈子さんを実の娘以上にかわいがっていて心が痛みます。

 同期デビューのタレント森口博子(37) 同期で頑張り屋さんの美奈子ちゃんだっただけに残念です。8月末に「だいぶ元気になったよ! 頑張るね」というメールをもらいました。ハートマークいっぱいのパワーあふれる言葉に、元気づけられました。病室でもボイストレーニングを続け、努力していた。天国でも思いっきり歌ってください。

 本田さんと同じ年に芸能界デビューした歌手工藤静香(35)はこの日、映画大使として都内で高校生割引キャンペーンをPRした。映画「同じ月を見ている」(深作健太監督、19日公開)の舞台あいさつに立ち、高校生約500人を前に「高校時代におニャン子クラブの仕事を始めていましたが、よく映画を見に行きました」と話したが、本田さんについては触れなかった。主演窪塚洋介(26)、黒木メイサ(17)も出席。

前のページへ戻る このページの先頭へ
日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。