地元の稲田浩二(38=兵庫)が、堂々の初日連勝を飾った。

前半8Rは2枠で迎えたが、コースを奪われてしまい3コース進入。ここからが本領を発揮。コンマ05の踏み込みから一気に内の艇をねじ伏せた。

後半12Rのニッカン選抜戦は、インからコンマ09のトップスタート。1Mも的確に舟を運び、鮮やかなイン速攻劇となった。「後半は1Mでちょっと水をつかんでいなかったのが気になったけど、乗りやすさもあるし、グリップの手応えも来ています。いいレベルだと思います。ペラは気が向いたらたたきます」と、にやり。淡々と話す中にも手応えを感じさせる。

2日目は4、10R(5、6枠)の2走。不利な枠番を克服して突き進みたい。