前節から新エンジンとなり、現状エース候補として28号機、47号機、50号機の3基が注目される。47号機は今節も登場、手にしたのは133期の新人、香川陽太(20=滋賀)だ。

「(前節)武井(莉里佳)さんが乗っていたので、女子選手(特有)の感じでした。自分では回し切れなかったので、柘植(政浩)さんに(ペラは)見てもらいました」と素直に感触を話す。柘植にアドバイスをもらい、少し回転が上がるようにたたき直した。

「回っていない割には直線は普通で、(乗り味は)少し起こしで回っていない分、付いてこなかったです」と冷静に分析した。

デビューは今年11月びわこ一般戦。すでに18走して3度3着に絡んでおり、新人ながらも軽視禁物だ。初日は8R6枠に登場する。47号機のポテンシャルを引き出して、デビュー初勝利を目指す。