このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

ミカヅチ鋭い伸び/シンザン記念

 今年初の3歳重賞、日刊スポーツ賞シンザン記念(G3、芝1600メートル、13日=京都)の追い切りが9日、東西トレセンで行われた。初年度から10頭が勝ち上がっている新種牡馬ゴールドアリュール産駒タケミカヅチは美浦坂路でシャープな反応を見せた。計時不能ながらも、鋭い伸びを披露。重賞制覇を狙う。リーサムクラウン(3歳未勝利)を先行させ、3馬身後方から追走。ゴールラインでは併入に持ち込んだ。大江原師は「併せた相手も動く馬。ラスト2ハロンはやっておきたかったし、予定通りだろう。放牧先でも乗りこんでくれたみたいで、すぐに速い時計が出せた。疲れも取れているだろうし力は出せる。能力はあるし、息させ持てば」と好感触だった。

[2008年1月9日17時28分]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ