日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

スカーレット現役最強、夢は世界/大阪杯

大阪杯を逃げ切りで制したダイワスカーレット(左)
大阪杯を逃げ切りで制したダイワスカーレット(左)

<大阪杯>◇6日=阪神◇G2◇芝2000メートル◇4歳上◇出走11頭

 始動戦に臨んだ昨年の最優秀3歳牝馬ダイワスカーレット(牝4、栗東・松田国)が逃げ切り、98年エアグルーヴ以来10年ぶりとなる牝馬優勝を果たした。10頭の牡馬を従えてゴールを駆け抜けた強さは、もはや最強牝馬を超えて現役最強馬の域。今春の目標はヴィクトリアマイルだが、念願の世界挑戦にまで夢を広げる快勝だった。

 女王の成長は、名手・安藤勝己騎手(48)の想像をも超えていた。残り200メートル。逃げ切り態勢に入ったダイワスカーレットの外から、アサクサキングスが襲いかかる。「並ばれた時は正直、あれっと思った」。それでも馬はまったく動じず、前だけを見ていた。左ムチ2発でスイッチが入ると、首差まで迫った菊花賞馬を一気に突き放した。

 ゴール前では、あん上が内ラチ沿いを伸びてきたエイシンデピュティを振り返りながら余裕の勝利。2強と評されたメイショウサムソンには2馬身半以上の差をつけた。「行く馬がいないから、逃げることもあるかと思っていた。もともと追ってしっかりした馬だけど、直線で伸び直してくれたね」。期待以上の強さにアンカツのほおも緩む。

 快勝で今年初戦を飾ったが、過程は順風満帆ではなかった。初ダート挑戦になる予定だったフェブラリーSの直前、右目に創傷性角膜炎を発症して回避し、同時にドバイ遠征を断念。その後は自厩舎で調整されたが、雪による馬場閉鎖などでピッチを上げられない苦労もあった。それだけに松田国英師(57)は「なかなか絞れない時期もあったし、調整は難しかった。自分のスタッフをほめてやりたい」と胸を張る。

 馬体重プラス12キロのほとんどは鍛え上げられた筋肉による成長分。苦渋の決断を乗り越え、昨年よりも強いスカーレットはつくり上げられた。ただ、これが極限の仕上げではない。「今年初戦で、体に余裕があった。次に向け、ちょうど良かったというところです」(安藤勝)。まだまだ伸長の余地は残されている。

 今後は予定通りヴィクトリアマイル(G1、芝1600メートル、5月18日=東京)を目指す。だが、年頭には英アスコット競馬場からキングジョージ6世&クイーンエリザベスSとみられる招待状が届くなど、世界の注目も高い。「牡馬相手にこれだけの競馬をすれば、もうひとつ上のステージにトライしなければ、というのもある。前に行ける脚質や、ブルードメアサイアーにノーザンテーストがいる血統背景から、力のいるヨーロッパの馬場もこなせそう」。明言は避けたが、トレーナーの頭の中には欧州G1も有力な選択肢に入っていることは間違いない。もう、国内は狭すぎる。威厳を増したスカーレットの姿は、そんな機運を高めるに値するものだった。【高木一成】

 [2008年4月7日8時9分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]







日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです