◆J1第17節


【7月22日(日)】

名古屋-広 島(19:00=豊田ス)

神 戸-湘 南(18:00=ノエスタ)

鹿 島- 柏 (18:30=カシマ)

札 幌-磐 田(19:00=札幌厚別)

東 京-横 浜(19:00=味スタ)

川崎F-長 崎(19:00=等々力)

G大阪-清 水(19:00=パナスタ)

C大阪-浦 和(19:00=ヤンマー)

鳥 栖-仙 台(19:00=ベアスタ)


 Jリーグの追加登録が20日から可能となり、各クラブの新戦力が17節から出場する可能性がある。


 注目はスペイン1部バルセロナからヴィッセル神戸に加入した、ワールドカップ・ロシア大会スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)と、アトレティコ・マドリードからサガン鳥栖に加入した、元スペイン代表FWフェルナンドトレス(34)の2人だ。


 イニエスタは18日に関西空港に来日すると「出来るだけ早くプレーしたい。22日に向けてコンディションを上げていきたい」と、最短で出場が可能な湘南ベルマーレとのホーム戦に意欲を見せた。神戸は湘南にここ2戦で連勝、5分けと7戦連続負けなしだ。前節18日のV・ファーレン長崎とのアウェー戦では13、14年に湘南でプレーしたFWウェリントンのゴールを守り、1-0で勝利。FW渡辺千真のキレも良く、イニエスタが2人と、どう連動するか楽しみだ。


 トレスは15日に成田空港に来日し、その足で都内で行った入団会見を行った。その中で「トレーナーとの意見も伺って決める。私はいろいろな形でトレーニングしている。出来るだけ早く鳥栖の練習に参加し、来週の最後には何分かでも試合に出たい」と22日のベガルタ仙台とのホーム戦への出場を熱望。フィッカデンティ監督も、18日の湘南戦後の会見で「トレスみたいな選手は、ぜひとも使いたい。経験がありいいパーソナルのある選手。確実に(メンバーの)18人には入る。チームにもいい刺激を与えてくれている」とベンチ入りを確約した。


 仙台には1分け2敗、ホームでも1分け1敗と3戦連続勝ちがないが、1-1で引き分けた湘南戦では、堅守で相手の攻撃をはね返し反撃する戦い方が多かった鳥栖が、後方からしっかり前線につないでいく姿勢を強めた印象だった。元コロンビア代表FWビクトル・イバルボが負傷で離脱するなど、今季は故障者が多く降格圏の17位と苦しむが、韓国Kリーグの蔚山現代から元日本代表FW豊田陽平(33)も電撃復帰。“トレス効果”で沸く鳥栖にとって負けられない1戦となりそうだ。


 首位サンフレッチェ広島は、アウェーで最下位の名古屋グランパスと対戦する。2勝1分けと負けがない“お得意さま”相手に、4-0で大勝した18日のガンバ大阪戦でも2ゴールを決め、得点ランクトップの12ゴールと好調のFWパトリックが爆発するか? 一方の名古屋も、風間八宏監督が古巣の川崎フロンターレからMFエドゥアルド・ネット、柏レイソルからDF中谷進之介、FC東京から元日本代表DF丸山祐市と実力者を相次いで緊急補強した。その成果が出るか、注目だ。


◆J1第17節の出場停止選手


●磐田DFギレルメ(第19節まで)

●G大阪DFファビオ

●神戸MF三田啓貴


◆J1主な負傷者情報


【7月18日】

●C大阪DF茂庭照幸=右大腿四頭筋筋損傷。全治4週間

【7月17日】

●鳥栖MF安庸佑=左肩関節脱臼。全治6カ月。手術およびリハビリのために韓国へ一時帰国し、登録抹消

【7月15日】

●C大阪MF西本雅崇=左足舟状骨骨挫傷。全治6週間

【7月14日】

●清水FW鄭大世=右ハムストリングス肉離れ。全治6週間

【7月12日】

●神戸FWポドルスキ=左足内側楔状骨剥離骨折。全治6週間

【7月8日】

●神戸DF藤谷壮=右足関節外側靭帯損傷。全治6週間

【7月6日】

●磐田FW小川 航基=右肩関節脱臼。トレーニング合流まで6週間

【7月3日】

●磐田FWモルベッキ=左半膜様筋肉離れ。合流まで6〜8週間

【7月2日】

●広島MF吉野恭平=右大腿四頭筋損傷。全治4週間

【6月29日】

●東京FW前田遼一=左腹斜筋筋損傷、肋軟骨損傷。全治4週間

【6月20日】

●広島FW渡大生=左足関節内遊離体摘出手術。全治4週間

【6月14日】

●磐田MF中村俊輔=右足関節前方インピンジメント症候群、滑膜炎。合流まで6週間

【6月6日】

●鳥栖FW趙東建=左脛骨疲労骨折。全治3カ月

【5月23日】

●G大阪DF今野泰幸=右足関節(みぎそくかんせつ)前方インピンジメント症候群。全治2カ月

【5月22日】

●G大阪DF菅沼駿哉=左外傷性腎損傷

【5月21日】

●仙台GKシュミット・ダニエル=右ハムストリングス肉離れ。全治8週間

【5月20日】

●湘南FWイ・ジョンヒョプ=右足関節内果疲労骨折。全治3カ月

●柏GK中村航輔=脳しんとう、頸椎捻挫

【5月19日】

●横浜MF喜田拓也=右足関節外側側副靭帯損傷。全治4週間

【5月10日】

●G大阪GK鈴木椋大=右上腕三頭筋筋損傷

【5月9日】

●広島MF川村拓夢=右腸腰筋損傷。全治6週間

●磐田DF森下俊=左ヒラメ筋肉離れ。全治3週間

【5月8日】

●磐田MF針谷岳晃=右膝内側側副靭帯損傷。合流まで6週間

【5月5日】

●C大阪DF茂庭照幸=左股関節外旋筋筋損傷。全治3週間

●C大阪MF大山武蔵=肺血栓塞栓症。全治3カ月

【5月4日】

●神戸FWポドルスキ=左腓腹筋肉離れ。全治8週間

【5月3日】

●鹿島DF小田逸稀=左第5趾末節骨骨折。全治約6週間

【4月29日】

●東京MF鈴木喜丈=左膝関節離断性骨軟骨炎。全治10カ月

【4月25日】

●磐田MF中村俊輔=左ヒラメ筋肉離れ。全治3週間

【4月24日】

●G大阪GK東口=右頬骨および右眼窩底骨折。全治3〜4週間

【4月22日】

●C大阪MF木本恭生=左ハムストリング筋損傷。全治4週間

【4月16日】

●清水MF清水航平=右ヒラメ筋肉離れ。全治3週間

【4月16日】

●東京MF内田宅哉=左肩関節脱臼。全治6週間

【4月12日】

●鹿島DF山本脩斗=左膝後十字靭帯損傷。全治3〜4カ月

【4月3日】

●磐田MFムサエフ=右膝前十字靭帯損傷および外側半月板損傷。手術後6カ月程度

【3月29日】

●神戸MF中坂勇哉=右膝内側側副靱帯損傷。全治約4~6週間

【3月28日】

●C大阪MFソウザ=右ハムストリング筋損傷。全治3週間

●清水MF六平光成=右大腿直筋肉離れ。全治4週間

【3月21日】

●磐田MFアダイウトン=右膝前十字じん帯断裂と半月板損傷。トレーニング合流まで6カ月

【3月15日】

●仙台FWラファエルソン=右第五中足骨骨折。全治3カ月

【3月12日】

●C大阪MF秋山大地=左脛骨疲労骨折。全治4週間

【2月27日】

●広島DF千葉和彦=右橈骨遠位端骨折、右尺骨茎状突起骨折の手術。全治3カ月

【2月24日】

●札幌DF菊地直哉=左膝外側半月板損傷、全治は公表せず