日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

名古屋ブルザノビッチ60メートル弾/J1

センターサークル付近から名古屋のブルザノビッチ(左)がロングシュート
センターサークル付近から名古屋のブルザノビッチ(左)がロングシュート

<名古屋2-0磐田>◇第3節◇21日◇瑞穂陸

 名古屋が、MFイゴル・ブルザノビッチ(24=モンテネグロ)のJ1史上2位の長さとなる60メートルのロングシュートで磐田を下した。試合開始直後、ブルザノビッチが浮き球を自陣センターサークル付近から相手ゴールに向けて蹴ると、ボールは、強い追い風に乗ってぐんぐん伸びた。ゴールの右サイドネットが揺れたのは試合開始17秒だった。

 ベンチのストイコビッチ監督に駆け寄り、喜びを爆発させたブルザノビッチは「入ればいいな、と思って蹴ったけど、ボールがいい方向に飛んだよ」。磐田GK八田は「思ったより伸びた」と悔しがり、最後方から軌道を見届けた名古屋GK楢崎も「あれはすごい」と脱帽した。

 モンテネグロ代表の10番を背負ったテクニシャンは「予習」していた。昨年10月17日の横浜戦(日産ス)でストイコビッチ監督がベンチから同じように、ダイレクトで40メートル先の相手ゴールに「シュート」を決め、初の退席処分を受けた。「ユーチューブであのゴールを何回も見て予習したからね」と口も滑らか。同監督は「何が起きたのか分からなかったが、私の記録(40メートル)を破られてしまった。ただ、私のゴールは革靴で彼はスパイク。私の方が難しい」と意地をみせながらも、愛弟子を祝福した。【八反誠】

 [2010年3月22日8時9分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

イゴル・ブルザノビッチ






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  磐田、60メートル秒殺弾に沈黙/J1 - サッカーニュース
  2. 2  横浜FC大黒ハットで代表に名乗り/J2 - サッカーニュース
  3. 3  横浜木村監督、俊輔「大事に使う」 - サッカーニュース
  4. 4  岡田ジャパン、加地に代表復帰要請へ - 2010年南アフリカW杯ニュース
  5. 5  国母V「イッちまいそう」/スノーボード - スポーツニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです