サッカー元日本代表で歴代3位の国際Aマッチ通算50得点、同5位の119試合出場を誇るシントトロイデンFW岡崎慎司(37)が26日、今季限りで現役引退すると発表した。

2018年FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会などA代表で長く共闘し、最高峰のプレミアリーグでしのぎを削り、同じミズノ社のスパイクを履いて、世界と渡り合ってきた後輩もメッセージを発信した。

ロサンゼルス・ギャラクシーのDF吉田麻也(35)が27日、インスタグラムに2ショットなどをアップし、「寂しいよ岡ちゃん。共に刺激し合い、時に慰め合い、国のために戦えたことは誇りです!お疲れ様でした!」との惜別メッセージをつけた。