女子日本代表なでしこジャパン(FIFAランキング8位)が北朝鮮(同9位)を2-1で退け、パリ五輪(オリンピック)出場権を獲得した。2大会連続6度目の切符をつかんだ。

北朝鮮のリ・ユイル監督は、フェアプレー精神について語った。

報道陣から「フェアプレーに感心した。トレーニングについて強い指導があるのか」という趣旨の質問が飛ぶと「まずスポーツ選手としてルールを尊重するということ、審判の判定を尊重するというのは非常に重要なことで、これはスポーツ選手のみならず、一般的にも道徳的にもルールを守ることは重要」とし「北朝鮮も日本も大変すばらしいフェアプレーをみせてくれた」と試合を振り返った。

チームへのフェアプレー精神の伝達については「常日頃からルールは守らなければいけないと指導してきました。選手たちは、幼い頃からフェアプレーを身につけるように、心がけるように指導しています」と明かした。

【動画】「山下の1ミリ」なでしこ守護神・山下杏也加が神の手スーパーセーブでピンチ救う

なでしこ、パリ五輪切符を獲得!負ければ終わりのアジア最終予選で北朝鮮を破る/ライブ詳細