アトレチコ・マドリードが来季に向け、レアル・ソシエダードのスペイン代表DFル・ノルマン(27)を獲得候補に挙げているとスペイン紙マルカ電子版が5日に報じた。

シーズン終了まであと3カ月を切る中、Aマドリードはすでに来季に向かって動き出しており、センターバック2人とMF1人の補強を考えているという。そんな中、同紙によると、以前より注視しているル・ノルマンを、今夏の移籍市場で獲得に乗り出す可能性があるとのことだ。

ル・ノルマンは空中戦やデュエルに強く、ボールカットに定評があり、シメオネ監督のお気に入りの1人であるという。しかし市場価値として見積もられている4000万ユーロ(約64億円)は、今のAマドリードに支払うのは難しい金額。そのため現在Rソシエダードに期限付き移籍に出しているDFハビ・ガランを交渉に含める可能性があると同紙は伝えている。

アルグアシル監督にとって不動のレギュラーの1人であるル・ノルマンは今季ここまで公式戦35試合に出場し1得点を記録。その活躍ぶりが認められ、スペイン国籍取得後、スペイン代表に選出された。すぐさま不動の地位を築き上げ、8試合に出場している。(高橋智行通信員)