元横浜監督で、現在プレミアリーグ・トットナムを指揮するアンジェ・ポステコグルー監督(58)が、来シーズンも同クラブに残留する可能性が高まった。

英複数メディアが「ポスト・クロップ」の候補として、次期リバプール監督候補の1人として、名前を挙げているが、同監督は「オレはまだトットナムに合流して7カ月しか立っていない」と否定した。

さらに英メディア「フットボール・インサイダー」は4日(日本時間)に「トットナムはリバプールを含め、どのクラブからのオファーも断ることを決めた」と報じた。

また「ポステコグルーはトットナム・プロジェクト(攻撃サッカー)に集中しており、1シーズン目に見せている印象的な作業を来シーズンも続ける」とも伝えた。