楽天では2日、前日の加藤大に続き、新戦力が星野監督の目に留まった。阪神から移籍してきた上園啓史投手(27)がブルペンで156球。見守った星野監督は「良い球、放ってたな」と評価した。上園本人は「まだまだバラバラ。踏み出し足とリリースのタイミングが合わないんです」と反省したが、かつての新人王が先発候補に名乗りを上げた。