日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 野球
  2. ニュース

野球ニュースのRSS

岩村「1から」再出発も背番1じゃなく48

ヤクルトの入団発表会見で岩村はマスコット人形と応援グッズを手にポーズを決める
ヤクルトの入団発表会見で岩村はマスコット人形と応援グッズを手にポーズを決める

 代名詞の「何苦楚(なにくそ)魂」を燃えたぎらせた。古巣ヤクルトへ7年ぶりに復帰する岩村明憲内野手(33)が11日、都内の球団事務所で入団会見を行い、宮本の定位置、三塁のレギュラー奪取に挑戦する考えを示した。背番号はヤクルト入団時から4年間つけた「48」で、年俸は今季の10分の1となる1500万円+出来高払い。レギュラーの確約はない原点からの再出発となった。(金額は推定)

 屈辱の戦力外通告から再出発。岩村は、7年ぶりの復帰会見で「初心」「一から」と何度も繰り返した。ヤクルトから大リーグ、楽天とチームを変えてきたが、今回は状況が180度違う。拾ってくれた古巣に「野球をやれる喜びをかみしめている」と感謝した。

 年俸は1億5000万円から10分の1になった。レギュラーは約束されていない。かつての定位置三塁には、今季2000安打を達成した宮本がいる。移籍前は岩村が三塁手、宮本が遊撃手として01年には日本一の原動力となったが、大リーグ移籍後に宮本は三塁にコンバートになった。

 求められればどのポジションにも挑戦する覚悟を示しながら、三塁のレギュラー争いに挑む姿勢は明確にした。「選手である以上、試合に出たいですし、レギュラーになりたい。あれだけの方でも、挑戦していきたいと思います。まだ自分はその状況にはいないと思うので、同じスタートラインに立てるようにしたい」と宣言した。

 レギュラーをつかむには宮本との競争に勝つしかない。「チャンスをもらった1打席、1試合を大事にしていきたい」と目標を定めた。背番号は入団時から4年間背負った48。ヤクルトで01年から、楽天などでもつけた愛着の深い「1」は空き番号だが、提示されなかった。「また成績を残して、『1』を取れるようにしていきたい。初心に戻ってやります」と言った。

 大リーグ時代から約8キロ減量し、現在は92キロ。長く苦しんできた膝への負担も減りつつある。「アメリカを含めて、いろいろな球団を渡り歩かせてもらって、ここを最後にという気持ちが本当に強い」と言った。プロ生活を始めた原点で現役を終える覚悟で、最後の勝負に挑む。【前田祐輔】

 ◆ヤクルト近年の三塁手 岩村はメジャーへ移籍する前年(06年)、全146試合中143試合に三塁で先発出場している。翌07年は飯原が108試合に三塁で先発し、宮本は遊撃での出場(129試合)のみだった。08年には宮本が三塁でチーム最多の56試合に先発。宮本は同年、遊撃でも57試合に先発(チーム最多)している。09年は117試合、10年は120試合、11年は132試合、今季12年は99試合と宮本がいずれもチーム最多の先発三塁を務めてきた。

 [2012年12月12日7時12分 紙面から]







日刊スポーツ購読申し込み