日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカーページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

オシム氏札幌総監督就任に前向きの姿勢

鋭い視線で報道陣の質問に答えるオシム前日本代表監督(撮影・蔦林史峰)
鋭い視線で報道陣の質問に答えるオシム前日本代表監督(撮影・蔦林史峰)

 J2降格が決まった札幌からラブコールを受けている前日本代表監督のイビチャ・オシム氏(67)が、来季の総監督就任に前向きな姿勢を見せた。22日、自宅のあるオーストリアから、6月8日以来、約4カ月半ぶりに再来日。非公式ながら、札幌側から長男アマル・オシム氏(41)に監督就任の話が持ち込まれていることを認め、自身がチームをどうサポートすべきかを熟慮していると発言した。

 名将は新しいチャレンジに前向きだった。成田空港到着直後。入国審査場へ向かうオートウオークの上で、オシム氏は質問にていねいに答えた。

 オシム氏 札幌がアマルを監督にしたいという話は聞いている。私がテクニカルディレクター(総監督)につくという話については…サッカー界には「○○ディレクター」という役職が、あまりにも多すぎると思いませんか?(笑い)。大事なのはチーム強化のために、毎日いい練習を準備し、いい雰囲気をつくること。そのためにどうするかが、肩書よりも重要です。

 すでにJ2降格が決まった札幌は、来季以降をにらみ、長期的な再建計画に着手。その切り札が「アマル監督、オシム総監督」の招聘(しょうへい)だった。すでに水面下で接触を図り、互いに好感触を得ているもようだ。関係者によれば、親子2人にアシマ夫人を加えた家族会議では「アマルが札幌監督に就任した場合、脳梗塞(こうそく)から回復したばかりの父が、どれだけチームに帯同できるか」という話までしているという。

 札幌の総監督就任は、小さなクラブを強化してサッカー界に一石を投じるというオシム氏のポリシーにも合っている。この日も、欧州チャンピオンズリーグで活躍する、ルーマニアのクルージュの戦いぶりを、今後の札幌に重ね合わせるように話した。

 オシム氏 ローマに勝ち、チェルシーにも引き分けた。小さなクラブが工夫して、いいサッカーをする姿は見ていて気持ちがいい。そしてそこから学ぶことも大きい。さらに言うと、クルージュの選手のほとんどは、A代表の選手になっている。ルーマニア代表も今後強くなるに違いない。

 札幌を強くし、日本代表の強化にも手を貸したい。本格的な交渉はこれからになるが、総監督就任に向けて、今のところ大きな障害は見当たらない。

 [2008年10月23日8時48分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは








日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです