日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 取組速報
  5. 明日の取組
  6. 星取表
  7. ニッカン式番付
  8. ブログ新着記事

朝青龍将来のモンゴル大統領目指す

優勝を決めパレードする朝青龍は紙テープを投げられ笑顔を見せる
優勝を決めパレードする朝青龍は紙テープを投げられ笑顔を見せる

 横綱朝青龍(28=高砂)が「モンゴル大統領」を目指していることが25日、分かった。元特等床山床寿の日向端隆寿氏に構想を明かしたもので、30歳まで現役を続けた後、早ければ2012年の国会議員選に出馬し、大統領選挙で夢を実現させるつもりだ。この日の優勝インタビューではモンゴル語でもあいさつ。復活優勝で第2次黄金時代を築き、母国での人気と知名度をキープして、最終目標の政界進出に勢いづける腹づもりだ。

 涙の復活優勝にの裏側に、朝青龍の「壮大な夢」が秘められていた。場所前に元特等床山床寿の日向端隆寿氏に胸の内を明かしていた。「オレはモンゴルの大統領になりますよ」。日向端氏は「日本国籍を取得して、1度親方になって箔(はく)を付けて、お金も貯めてからがいい」と勧めているが、現段階では大統領選出馬を目指し、モンゴル国籍を貫く意向のようだ。

 会場での優勝インタビューではモンゴル語でも「まだまだ頑張ります」とあいさつした。国技館に応援に駆け付けたモンゴル人、そしてテレビ観戦している母国の大衆に復活を訴えた。国民に愛されなければ大統領にはなれない。近い関係者が言う。「横綱のチンギスハンへの思いはすごいものがある。だからこそ、将来は国のトップに立つ思いも相当強いんです」。

 23回の優勝を誇る横綱でありながら、母国では既に大実業家の一面も持つ。表向きは、親族が経営中だが、銀行も含めた財閥「ASAグループ」の形成に尽力し、既に政界への強い影響力も持っている。昨夏の総選挙では与党の勝利に反する野党支持者が、暴動を起こしたが、朝青龍は与野党双方の首脳と信頼関係を築いているという。

 23度優勝という実績から考えても、日本国籍を取得すれば親方として角界でも地位は築ける。しかし、かつてモンゴル人力士のパイオニア、旭天鵬が日本国籍を取得するや、大半の国民は「国を捨てた」と非難。白鵬が07年に妻紗代子さんと結婚した際も「日本人女性を選んだ」と反発されたという。朝青龍は「最終目標」を見据えて、母国民の感情に配慮して、モンゴル国籍に執着している。

 昨年12月に次兄スミヤバザル氏が首都ウランバートル市議会議員選挙に当選。一報を聞いた朝青龍は「オレも選挙に出ようかな」ともらしていた。近い関係者は「3年後(12年)の総選挙は念頭にあるはず」と話す。本人も「30歳までは現役でやりたい」と話している。政界進出のため現役横綱として人気と知名度をキープし続ける決意。4年ごとで、今年も行われる大統領選挙は立候補者は「国会議員」に限られる。朝青龍の夢は、大統領へとつながる。

 [2009年1月26日8時44分 紙面から]


関連ニュース


注目


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです