高校生のプロ志望届提出者一覧。ドラフト会議は10月25日に行われる。志望届を提出していない選手はドラフト会議でプロ球団から指名を受けられない。(19日現在61人)

大学生プロ志望届提出者一覧

栃木

益子京右捕手(青藍泰斗) 

178センチ、80キロ、右投げ右打ち。強肩強打の捕手。高校通算23本塁打の長打力に二塁までの送球は1・7秒台の強肩

青藍泰斗・益子京右
青藍泰斗・益子京右

群馬

山下航汰外野手(高崎健康福祉大高崎)

高校通算75本塁打の長距離砲。174センチ、77キロ、右投げ左打ち

高崎健康福祉大高崎・山下
高崎健康福祉大高崎・山下

金子知生投手(新田暁) 

今夏群馬大会は3回戦で前橋育英に敗れる

高橋優太投手(尾瀬) 

今夏群馬大会は1回戦敗退


茨城

中村泰成(土浦日大)


埼玉

野村佑希内野手(花咲徳栄)

高校通算58本塁打のスラッガー。昨夏甲子園で2本塁打を放ち優勝に貢献。今夏は4番投手で出場し2試合連続弾。185センチ、90キロ、右投げ右打ち。米国生まれで「ジェームス」のミドルネームを持つ

今夏の鳴門戦で通算57号を放った花咲徳栄・野村
今夏の鳴門戦で通算57号を放った花咲徳栄・野村

米倉貫太投手(埼玉栄)

184センチ、84キロ、右投げ右打ち。名将・若生監督が育てたダルビッシュ2世

埼玉栄・米倉貫太投手
埼玉栄・米倉貫太投手

千葉

清宮虎多朗投手(八千代松陰)

最速145キロ右腕

◆清宮虎多朗(せいみや・こたろう)2000年(平12)5月26日、千葉県八千代市生まれ。幼稚園の年長から野球を始め、八千代松陰中では2年時に全国大会出場。高校では1年秋からベンチ入り。2年秋から背番号「1」。190センチ、85キロ。右投げ左打ち

古谷拓郎投手(習志野)

最速143キロ右腕。今夏西千葉大会4強。182センチ、78キロ、右投げ右打ち

坂内誠治(市船橋) 

今夏西千葉大会4強


東京

勝又温史投手(日大鶴ケ丘)

最速152キロ。180センチ、76キロ、右投げ左打ち。今夏西東京大会準優勝

西東京大会決勝 日大三戦を相手に力投する日大鶴ケ丘・勝又
西東京大会決勝 日大三戦を相手に力投する日大鶴ケ丘・勝又

野村大樹内野手(早実)

高校通算68本塁打。2年春に清宮とともにセンバツ出場。今夏西東京大会4回戦で敗退後、8度もの家族会議を重ねて説得。18歳の誕生日9月10日に志望届を提出。「小さい頃からの夢を追いたい。それなりの覚悟を持っていく」。2年間、中軸を組んだ日本ハム清宮にも報告し「よく決めたな」と言われたという。172センチ、81キロ、右投げ右打ち

早実・野村大樹
早実・野村大樹

石橋康太捕手(関東第一) 

180センチ、85キロ、右投げ右打ち。強肩強打、高校通算57本塁打の大型捕手

関東第一・石橋
関東第一・石橋

大比良知哉内野手(郁文館)

169センチ、75キロ、右投げ右打ち。今夏東東京大会は3回戦敗退 


神奈川

矢沢宏太投手(藤嶺藤沢)

最速148キロ左腕。今夏南神奈川大会8強

◆矢沢宏太(やざわ・こうた)2000年(平12)8月2日生まれ、東京都町田市出身。親戚の影響で、6歳から町田リトルで野球を始める。小3から投手。忠生中では町田シニアに所属。藤嶺藤沢では1年夏は野手でベンチ入り。秋からエース。昨秋は8強。好きな食べ物はラーメン。家族は両親と姉。173センチ、65キロ。A型

藤嶺藤沢・矢沢
藤嶺藤沢・矢沢

カレオン・ジョニル・マラリ投手(武相)

140キロこすの直球が魅力の右腕。両親はフィリピン人。今夏北神奈川大会は3回戦敗退

辻翔也内野手(茅ケ崎西浜)

俊足が武器の1番打者。177センチ、70キロ、右投げ右打ち。今夏南神奈川大会は2回戦敗退

渡部悠介投手兼外野手(相模田名)

167センチ、67キロ、右投げ両打ち。今夏北神奈川大会は初戦敗退 


山梨

垣越建伸投手(山梨学院)

183センチ、92キロの大型左腕。最速146キロ。今夏甲子園出場

山梨学院の垣越建伸
山梨学院の垣越建伸

星野健太投手(山梨学院)

177センチ、80キロ、左投げ左打ち。今夏甲子園出場

荘司宏太投手(駿台甲府)

170センチ、76キロの左腕。今春山梨大会4強、夏は初戦敗退 


静岡

水野喬日投手(湖西)

最速145キロ右腕。今夏静岡大会16強

◆水野喬日(みずの・もとか)2000年(平12)10月2日、愛知・豊橋市生まれ。小2から細谷黒潮ボーイズで野球を始める。五並中では遊撃手や外野手。右投げ右打ち。家族は両親と兄、姉。177センチ、77キロ

湖西・水野
湖西・水野

愛知

白石祐人投手(誉)

キレの良い直球が持ち味の左腕。今夏西愛知大会4回戦敗退

野口泰司捕手(栄徳)

今夏西愛知大会3回戦敗退


岐阜

中神拓都投手(市岐阜商)

176センチ、82キロ、右投げ右打ち。投げて140キロ超、打でも通算40発超。今夏岐阜大会4強

伊加利夏生投手(岐阜第一)

今夏岐阜大会4強。左腕

平井快青投手(岐阜第一)

今夏岐阜大会4強。140キロ台の速球が武器の右腕


三重

上下大地内野手(津田学園)

2年夏に甲子園出場


長野

直江大輔投手(松商学園)

最速145キロ右腕。昨夏甲子園出場。今夏は長野大会8強。184センチ、77キロ、右投げ右打ち

松商学園・直江大輔
松商学園・直江大輔

新潟

坂井翔太内野手(中越)

今夏甲子園出場(1回戦敗退)。慶応戦に「3番遊撃」で出場し3打数無安打1四球。174センチ、73キロ、右投げ右打ち

阿部裕二朗外野手(北越)

今夏は4回戦敗退

鈴木裕太投手(日本文理)

◆鈴木裕太(すずき・ゆうた)2000年(平12)8月2日生まれ、新潟市出身。東青山小2年で野球を始める。小針中では新潟シニアに所属。3年のときに全国大会に出場した。日本文理では1年の春からベンチ入り、昨夏の全国高校野球選手権1回戦・鳴門渦潮戦で先発。今春の県大会準々決勝上越戦で県内高校公式戦で初の150キロをマーク。182センチ、87キロ。右投げ右打ち

日本文理・鈴木裕太
日本文理・鈴木裕太

富山

佐々木愛輝外野手(高朋)

今夏富山大会は初戦(2回戦)敗退

酒井啓佑内野手(魚津工)

今夏富山大会8強。1番打つ遊撃手



石川

牧野翔矢捕手(遊学館)

178センチ、73キロ。右投げ左打ち。今夏は準々決勝敗退


滋賀

山田竜明内野手(近江)

172センチ、79キロ、右投げ右打ち。今夏甲子園8強。金足農・吉田から1安打

宮城滝太投手(滋賀学園)

181センチ、69キロ、右投げ右打ち。昨春センバツで登板。今夏は準決勝敗退


京都

藤田希和内野手(福知山成美)

178センチ、77キロ、右投げ左打ちの遊撃手。今夏は4回戦敗退


大阪

宇佐美真太内野手(大阪偕星学園)

今夏は4回戦敗退


和歌山

林晃汰内野手内野手(智弁和歌山)

高校通算49発のスラッガー。今春センバツ準優勝。181センチ、87キロ、右投げ左打ちの三塁手

智弁和歌山・林晃汰(2018年8月7日)
智弁和歌山・林晃汰(2018年8月7日)

岡山

引地秀一郎投手(倉敷商)

最速151キロ右腕。今夏は岡山大会4強

◆引地秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)2000年(平12)6月3日、岡山市生まれ。鯉山小1年から野球を始め、高松中野球部(軟式)で中国大会準優勝、全国大会出場。倉敷商では1年春からベンチ入り。2年春から背番号1を背負い、昨夏は3回戦敗退。今夏4強。188センチ、85キロ。右投げ右打ち家族は両親と弟3人

倉敷商・引地秀一郎投手
倉敷商・引地秀一郎投手

中山瞬外野手(創志学園)

今夏甲子園出場し2戦4安打。180センチ、82キロ、右投げ右打ち


島根

水谷瞬内野手(石見智翠館)

192センチ、94キロ、右投げ右打ち。今夏島根大会準優勝

■仁投手(石見智翠館)

177センチ、89キロ。右投げ左打ち。今夏島根大会準優勝。※■は雨かんむりに鶴


山口

鶴田克樹投手(下関国際)

今夏甲子園8強。打っても4番。180センチ、93キロ、右投げ右打ち


徳島

服部虎投手(鳴門渦潮)

今夏徳島大会4強

田神翔投手(阿南工)

今夏は阿南光と連合チームで出場し2回戦敗退

高岡玄地外野手(新野)

今夏は2回戦敗退


愛媛

土居豪人投手(松山聖陵)

今春センバツ出場。190センチの長身から投げ下ろす148キロの直球が武器の右腕

松山聖陵・土居
松山聖陵・土居

上甲凌大捕手(宇和島東)

4番を打つ強打の捕手。今夏は初戦で今治西に敗退


高知

市川悠太投手(明徳義塾)

184センチ、74キロのサイド右腕。最速は146キロ。昨秋明治神宮大会優勝、今春センバツ出場。夏は高知大会決勝で涙。U18高校日本代表

明徳義塾・市川
明徳義塾・市川

福岡

松井義弥内野手(折尾愛真)

今夏甲子園出場。191センチ、88キロ、右投げ左打ちの大型内野手。高校通算40発。投手としても140キロ台の速球

折尾愛真・松井義弥
折尾愛真・松井義弥

大畑功士郎投手(筑陽学園)

182センチ、73キロの左腕。今夏は南福岡大会8強

小江光樹投手(朝倉)

187センチ、86キロの大型右腕。今夏は3回戦敗退


長崎

川原陸投手(創成館)

キレの良いボールが持ち味の左腕。昨秋明治神宮大会準優勝、今春センバツ8強、今夏甲子園初戦敗退

野元由翼投手(佐世保工)

今夏長崎大会4強。140キロ台の直球が武器の右腕


宮崎

林田昂也投手(日章学園)

今夏宮崎大会準優勝。U18壮行試合に宮崎県選抜の一員として出場

宮崎県選抜の一員として出場

小幡竜平内野手(延岡学園)

4番を打つ宮崎県NO・1遊撃手。今夏は2回戦敗退もU18壮行試合に宮崎県選抜の一員として出場

戸郷翔征投手(聖心ウルスラ学園)

右スリークウオーターから140キロ台後半の直球を投げ込む。2年夏に甲子園出場。今夏は宮崎大会8強もU18壮行試合に宮崎県選抜の一員として出場し快投

日本代表対宮崎県選抜 宮崎県選抜・戸郷翔征(撮影・上田博志)
日本代表対宮崎県選抜 宮崎県選抜・戸郷翔征(撮影・上田博志)

日章学園

沖縄

宜保翔投手(未来沖縄)

171センチ、67キロ、右投げ左打ち。投手兼遊撃手の投打二刀流。最速147キロ。今春沖縄大会優勝、九州大会4強。夏は4回戦敗退

未来沖縄・宜保
未来沖縄・宜保

国仲祐太投手(宜野湾)

今夏沖縄大会3回戦敗退