<全国高校野球選手権:天理6-2浦和学院>◇19日◇3回戦

 天理(奈良)がセンバツ8強の浦和学院(埼玉)に快勝し、8年ぶりの8強入りを決めた。1-1の2回2死一塁から早田宏規内野手(2年)の三塁打で勝ち越し。3回にも木村秀外野手(3年)の犠飛で4点目を追加した。エース中谷佳太(3年)は浦和学院打線を2点に抑え、完投。「ボールのキレや球威は思い通りにいかなかったけれど、粘り強く投げられた。点を取ってくれて打線に助けられました」と語った。