ドジャースがスタメンを発表した。移籍後、オープン戦初出場となる大谷翔平投手(29)は、2番DHに入った。1番はベッツ、3番にフリーマンの両MVPコンビが大谷の前後を固めた。

エンゼルスに在籍した昨年は、2番が最多となる71試合に出場し、打率3割3分7厘、26本塁打、49打点だった。3番では59試合で打率2割5分3厘、17本塁打、40打点だった。

メジャー通算では、2番では240試合に先発し、打率2割7分8厘、76本塁打、160打点。3番では247試合に先発し、打率2割7分1厘、58本塁打、168打点となっている。

相手先発は左腕ギャレット・クロシェット投手(24)。大谷は過去に2打席対戦し、2三振に倒れている。試合開始は午前5時5分の予定。

大谷の実戦は昨年9月3日アスレチックス戦以来、177日ぶり。世界中が注目する中、右肘手術後、初めて打席に立つ。

大谷翔平が「2番DH」ドジャースデビュー Wソックス戦にスタメン出場/速報します