福島大は井上真純投手(2年=山形南)の初先発初完封で接戦を制した。

   ◇   ◇   ◇

リーグ戦初先発の井上が、最後までゼロを並べた。8回で交代予定だったが、9回表に仲間が相手暴投で貴重な1点をもぎとると「もう1イニングいかせてください」と直訴。9回裏1死二、三塁のピンチも一ゴロなどで封じた。

6安打1四球の完封に「空振りが取れたり、コントロールが良いわけでもない。とにかく走者を出しても粘って、心は熱く体は冷静にコーナーをついていこうと思えたことが良かった」。昨秋の開幕カードで東日本国際大に2戦連続延長10回タイブレーク負けの悔しさを晴らすだけでなく、今秋に勢いを呼び込んだ。