楽天の新人7選手が21日、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城・名取市の閖上地区を訪問した。

名取市震災復興伝承館で当時の状況や復興の歩みなどを映像や資料で学んだ後、名取市震災メモリアル公園で慰霊碑に献花した。新人の被災地訪問は8年連続の8度目となる。

千葉出身で当時、避難所で一夜を過ごしたことがあるドラフト1位の早川隆久投手(22=早大)は「心をつかまれるというか、ちょっとしめつけられるような感じがあった」と話した。震災から10年という節目に、ルーキーとしてプレーすることに「2013年の優勝は、東北の皆さんに勇気をものすごく与えたと聞いた。自分たちも勇気や元気をもう1度、与えられればなと。あらためてプロ野球選手としての実感も沸きました」と身を引き締めた。

神奈川出身で同2位の高田孝一投手(22=法大)は「震災の現地での現状であったり、復興の状況、津波の影響を、直に感じることができて、より一層、東北でプレーをさせていただく一員として、身を引き締めてプレーしなければいけないと感じました」と話した。