楽天からドラフト6位指名された早大・西垣雅矢投手(22)が4日、東京・新宿区の同大で、後関昌彦スカウト部長、沖原佳典スカウトから指名あいさつを受けた。

4年秋には3勝1敗、50奪三振、防御率1・02でベストナインを獲得した右腕。状況に応じて投げ分けられるフォークが一番の武器となる。チームからは1年目から即戦力として期待される。西垣は「フォークボールには自信がある。けがなく、1年間1軍で戦えるように頑張りたい」と力を込めた。

与えられた役割を果たしていく。起用に関しては「特にこだわりはない」とし、「チームから求められるポジションでしっかり結果を出していければ」と続けた。140キロ台後半の直球にも力があり、カーブ、スライダー、カットボールも操る。早大では昨年のドラフト1位早川隆久投手(23)の1年後輩にあたる。

担当の沖原スカウトは「自分のスタイルを作っていって欲しい。(先発なら)10勝するピッチャー。中継ぎでも50、60試合を投げられるピッチャー。イーグルスにとって必要な選手になってもらえると思って指名している」と期待を寄せた。4年春に腕の位置が高くなったと感じ、角度、フォークの落差が増したことから「評価を上げた」と説明した。