日本将棋連盟は9日、羽生善治九段(52)を新会長とする人事を発表した。

   ◇   ◇   ◇

◆戦後の日本将棋連盟会長

羽生善治新会長の師匠の二上達也九段、その師匠の渡辺東一名誉九段も過去には会長を務めている。

また、木村義雄十四世名人、塚田正夫実力制第二代名人、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖、谷川浩司十七世名人、佐藤前会長と、藤井聡太まで16人を数える歴代名人のうち、羽生を含め半分の棋士が会長となっている。