グレートマジシャン(牡4、宮田)は最後の直線で競走を中止し、右第1指関節脱臼のため、安楽死の処置が取られた。

昨年のダービー4着以来、待望の復帰戦だった。