プロ野球番記者コラム

ベンチを元気よく オリックス山岡提言が変革ヒント

<とっておきメモ>

オリックス山岡泰輔投手(24)が待望の今季初勝利を挙げた。

オリックス対西武 今シーズン初勝利の山岡(左)と1号本塁打のモヤは笑顔で「1」ポーズ(撮影・前岡正明)
オリックス対西武 今シーズン初勝利の山岡(左)と1号本塁打のモヤは笑顔で「1」ポーズ(撮影・前岡正明)

   ◇   ◇   ◇

勝つために-。オリックス山岡は昨オフ、客観的にチームを見渡した。プレミア12に選出され「良い機会なので、オリックスの印象を聞いてみよう」と、他球団の侍メンバーに率直な意見を求めた。

「元気がないと言う人の方が多かったんです。(自分たちが)そう思ってなくても、そう見えているのはチーム的によくない。若手、ベテラン関係なく、元気よく試合をしていけたら」とチームメートに伝えた。

オリックスは今、ベンチがハツラツとしている。ムードメーカーの伏見に杉本、育成から支配下登録された大下ら、名前を挙げたらキリがないぐらいに盛り上げ役が1軍に増えた。

中嶋監督代行も得点時や好プレーが生まれたときには拳を握り、大きく両腕を前に突き出す。勝利を引き寄せる雰囲気作りが、試合の流れを左右する。プロ4年目のエースの提言が、変革へのヒントになった。【オリックス担当 真柴健】

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング