プロ野球番記者コラム

ソフトバンク2年連続V逸 あの時の悔しさ思い出せ

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム:CATCH!!>

<ソフトバンク3-3オリックス>◇24日◇ペイペイドーム

ソフトバンク対オリックス 10回裏ソフトバンク2死一、二塁、工藤監督は真砂に直接指示を出しベンチに戻る(撮影・今浪浩三)
ソフトバンク対オリックス 10回裏ソフトバンク2死一、二塁、工藤監督は真砂に直接指示を出しベンチに戻る(撮影・今浪浩三)

3年ぶりのリーグVを目指すソフトバンクにとって「忘れてはいけない日」がある。ちょうど1年前の9月24日。シーズン141試合目。チームは敵地・仙台で楽天に敗れた。優勝マジックを「2」としていた1位西武はロッテに大勝。辻西武の2年連続Vが決まった日だった。ホークスにとっては「終戦」の日となった。

V奪回を合言葉に戦い、夢を叶えることはできなかった。18年も同じだった。V逸からクライマックスを勝ち抜き2年連続の日本一に上り詰めた。西武の前に2年連続して優勝を逃したものの、3年連続の日本一には立った。称号を手にしてもリーグ制覇を達成できなかった悔しさがまさったこの2年だった。

ソフトバンク対オリックス 10回表を無失点に抑えた高橋礼(撮影・菊川光一)
ソフトバンク対オリックス 10回表を無失点に抑えた高橋礼(撮影・菊川光一)

雪辱を誓った今春のキャンプイン。想像もしていなかった新型コロナウイルスの影響で開幕は約3カ月遅れとなった。試合数も120試合に減った。それでも目指す「目標」は1つ。リーグVである。この日、チームはオリックスに勝てなかった。連敗を止めることはできなかった。苦手とするロッテと25日から敵地・千葉で3連戦が待ち受ける。3年ぶりのV奪回へ、ここからが本当の勝負。「悔しさ」という最大の武器を思い出してもらいたい。【ソフトバンク担当 佐竹英治】

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング