nikkansport.com @ mobile

野球

野球手帳

TV特番でまさかドラフト漏れ…望月涼太の奮起期待

  • FacebookMessenger
  • TL

 野球の神様は見放していなかった。

名城大対九州共立大 サヨナラ勝ちを決め喜ぶ九州共立大ナイン(撮影・鈴木正人)
名城大対九州共立大 サヨナラ勝ちを決め喜ぶ九州共立大ナイン(撮影・鈴木正人)

 11日の明治神宮大会。九州共立大は名城大とのシーソーゲームをサヨナラ勝ちで制したが、最後の1点を呼んだのは望月涼太内野手(4年=東大阪大柏原)だった。

 9回1死満塁で投手強襲の適時内野安打。「勝ちたいって気持ちだけで最後いきました」。執念の一打に爽やかな笑顔を浮かべた望月だが、約2週間前のあの瞬間は表情を失っていた。

 望月は今秋ドラフト有力候補と目されていた。テレビの特番も望月と家族を追いかけた。だが、ドラフト当日まさかの指名漏れ。「頭が真っ白だった」…。特番の最後、テレビ越しに出演者の元ヤクルト古田敦也氏がかけた励ましの言葉も、その時は耳に入らなかった。ドラフト後、テレビを見た周囲の人からたくさん声を掛けられた。「いい意味でも悪い意味でも注目されている。ああいう経験をするのも、なかなかない。(特番内で指名に)かかっていないのは自分だけ。感謝すると言ったらおかしいですが…」。

 家族も望月を前向きにさせてくれた。ドラフト後、両親から電話をもらった。「しっかり2年後を目指して頑張れ。自分たちは大丈夫だから」と言ってくれた。「両親が一番苦しかったと思う」。思いをくみ、前を向いた。

 大学卒業後の進路は東芝に決まった。苦しい瞬間が映し出されているはずのテレビの特番も最初から見直したという。「いろんな方から『古田さんも言ってたけど…』と言われて。(古田さんからエールを)言ってもらえて、ありがたいです」。2回目はしっかり胸に刻んだ。

 見直した後、望月は両親に電話した。「ごめん。もう1回頑張ろうと思ってる」。2年後、チャンスはやってくると信じている。【アマ野球担当=磯綾乃】

(ニッカンスポーツ・コム/野球コラム「野球手帳」)


 野球をこよなく愛する日刊スポーツの記者が、その醍醐味、勝負の厳しさ、時には心が和むようなエピソードなど、さまざまな話題を届けます。

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

  1. ロッテ田中引退、就活し入団時蹴った三井物産再内定
  2. 来春センバツへ/21世紀枠推薦46校一覧
  3. 巨人村田ら/12球団引退、退団、戦力外選手一覧
  4. 広島1位中村奨成が仮契約「ありがたい」背番号22
  5. 野村克也氏ボヤキさく裂、巨人中心の時代は終わった

コンテンツ一覧

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
更新