横浜・平田監督 153キロ及川で「優勝」と宣言

第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕、甲子園)に出場する横浜(神奈川)へのセンバツ旗授与式が19日、同校で行われた。センバツ旗を授与された内海貴斗主将(2年)は「優勝しなきゃな、とあらためて思いました。ただ、チームや個人の成績もそうですが、楽しみたい」と開幕を心待ちにしていた。

センバツのベンチ入りメンバー18人も発表された。今秋ドラフト上位候補の最速153キロ左腕、及川(およかわ)雅貴投手(2年)は、満を持して背番号1をつける。1年夏は11番、2年夏は10番で甲子園に出場しており、エースナンバーでの甲子園は自身初。平田徹監督(35)は「背番号1はエースピッチャー、及川雅貴です。このピッチャーを擁して、この大会は優勝を狙いたいと思います」と全校生徒に宣言した。

及川は現在、シート打撃登板などで調整を進めている。「思い描いた感じで投げられています。今の感覚を忘れないように」。3月9日に予定される今季初戦(沖縄市招待試合、対美里工)に向け、徐々にペースを上げていく。【金子真仁】

その他の写真

  • センバツ旗を授与された横浜・内海主将(左)と左腕及川(撮影・金子真仁)