花巻農サヨナラ勝ち、つなぐ意識で2度目校歌/岩手

  • 水沢工対花巻農 大きく距離をとって校歌を歌う花巻農の選手たち(撮影・野上伸悟)
  • 水沢工対花巻農 延長11回裏花巻農2死満塁、サヨナラ勝ちを喜ぶ花巻農の選手たち(撮影・野上伸悟)
  • 水沢工対花巻農 延長11回裏花巻農1死二塁、直井の中前適時打で生還する瀬川(撮影・野上伸悟)

<高校野球岩手大会:花巻農5-4水沢工>◇13日◇1回戦◇花巻球場

花巻農は、つなぐ意識がサヨナラを呼んだ。ヒーローの藤原怜偉内野手(2年)は、同点の2死満塁で、「次につなげようという気持ちで打席に入った」と振り返った。

3点を先行しながら8回に追いつかれ延長戦に突入。11回表に勝ち越されたが、諦めなかった。11回裏に同点打の直井拓生外野手(3年)も「絶対に後ろにつなごうと思った」。3年生は入学以来1度も校歌を歌ったことがなかったが、最後の最後で2勝。献身の心で快進撃を続ける。