西武岸、FA宣言なら楽天が3年12億以上用意へ

 楽天が、国内FA権を保有する西武岸孝之投手(31)が権利行使した場合、最大限の大型契約で獲得交渉に臨む意向であることが27日までに分かった。

 球団関係者の話を総合すると、行使なら今オフの補強の最優先事項として動く態勢を整えているという。岸は13年、出来高払いの条件を満たせば最大12億円に達する3年契約を西武と結んだ。12月に32歳を迎える今季も、登板19試合で平均6・8イニング以上を投げるなど、先発として高い完投能力を維持。楽天は複数年に渡る活躍を見込み、同等以上の大型契約を用意しているとみられる。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング