ヤクルト川端、腰の張り別メニュー調整 打撃も回避

 昨年8月に椎間板ヘルニアの手術を受けたヤクルト川端慎吾内野手(30)が16日、腰の張りのため、沖縄・浦添キャンプで別メニュー調整を行った。

 15日の韓国・ハンファとの練習試合では1打数無安打だった。この日はノックにも入らず、予定されていたランチ打撃も回避。

 小川淳司監督(60)は「ちょっと腰に張りがあるので外した。ここまでフルにやってきたから。16、17、18、19日と4日間で回復してくれたら」と、18日の練習試合DeNA戦は出場させない予定だ。

このニュースの写真

  • 別メニューで調整するヤクルト川端(左)(撮影・足立雅史)