村田修一が会見「NPBとの違い感じながら」

  • FacebookMessenger
  • TL

 横浜(現DeNA)と巨人で活躍したBC栃木の村田修一内野手(37)が1日、栃木・小山市内で去就について会見を開いた。NPBへの移籍期限を過ぎ、来季以降、NPBへの復帰を待つことは原則ないという。9月9日の栃木のシーズン終了までプレーを続ける。

 冒頭「NPB復帰を目指し頑張ってきましたが、7月31日を過ぎてもお誘いがなかったことで、会見させていただくことになりました。若い選手と野球をやっていく中で野球の素晴らしさ、NPBとの違いを感じながらやってきました。まだ試合は続きますので、チームに貢献したい」と話した。

 村田は02年ドラフト自由枠で横浜入団。07、08年に本塁打王。11年オフにFAで巨人へ移籍し、12年からリーグ3連覇に貢献。ベストナイン4度、ゴールデングラブ賞3度。08年北京五輪、09年WBC日本代表。昨年10月に巨人を自由契約となり、今年3月にBCリーグ栃木に入団した。

 NPBの通算成績は出場1953試合、打率2割6分9厘、1865安打、360本塁打、1123打点。

 栃木での成績は出場42試合、打率3割5分2厘、9本塁打、44打点。

  • FacebookMessenger
  • TL