巨人クック「いいスタート」初登板1回3人7球料理

<オープン戦:巨人2-6ヤクルト>◇3日◇東京ドーム

巨人ライアン・クック投手(31)が、オープン戦初登板を1回無失点の好投で飾った。

4点を追う5回から登板。先頭の坂口を150キロの速球で遊ゴロ、青木は149キロの速球で遊ゴロ、山田哲は152キロの直球で二ゴロに抑えた。最速は153キロで、わずか7球のパーフェクト投球だった。

「試合前から投げることを楽しみにしていた。実際に投げて感触も良く、気持ちよく投げられた。いいスタートがきれました」とコメントした。

その他の写真

  • 巨人対ヤクルト 5回表から登板したす巨人クック(撮影・横山健太)