原監督、巨体岡本の激走に「もう少し軽やかに」

<巨人6-4DeNA>◇23日◇東京ドーム

巨人が4回に7安打で6点を奪い、集中打で打ち勝った。1イニング6点以上は今季4試合目で12球団最多。無死から岡本が遊撃内野安打で出塁すると、原監督は亀井に犠打のサインを出した。2度のファウルで追い込まれ、ヒッティングに切り替えると、亀井はDeNA大貫の外角に沈むフォークボールに反応。「バントを失敗してしまったので、何とか食らいつきました」と右中間への先制適時三塁打を放った。一塁走者岡本の巨体を揺らす激走に、原監督は「もう少し軽やかに(岡本)和真も走らないと。何かを引っ張っている感じ」と笑った。

さらに1死三塁から大城が右前適時打で続き、今村、田中俊の適時打、岡本のレギュラーシーズン初の犠飛などで一気に6点を奪った。亀井のバント失敗から始まった大量点に、原監督は「野球って面白いというか。あそこでバントをしていたら果たしてどうだったかなと。非常に奥深いスポーツだと感じました」とあらためて実感した。

その他の写真

  • 巨人対DeNA 4回裏巨人無死一塁、亀井の適時三塁打で生還し、笑顔を見せる岡本(右)。左は石川(撮影・狩俣裕三)