ヤクルト雄平が先制5号2ラン「コンパクトに」

<日本生命セ・パ交流戦:楽天3-11ヤクルト>◇13日◇楽天生命パーク

ヤクルトが雄平外野手の5号2ランで先制した。

4回1死一塁、カウント2-2から楽天先発石橋の136キロの膝元へのカットボールを右翼席へ運んだ。笑顔でチームメートとハイタッチをかわした。5月5日の中日戦(ナゴヤドーム)以来の本塁打で「追い込まれていたので、コンパクトに打ちにいきました。久しぶりに打ててよかったです」と話した。

その他の写真

  • 楽天対ヤクルト 4回表ヤクルト1死一塁、右越え2点本塁打を放った雄平(中央右)をタッチで迎える小川監督(同左)ら(撮影・足立雅史)