阪神ソラーテ緊急帰阪「モチベーション上がらない」

阪神ヤンハービス・ソラーテ内野手(32)が6日、マツダスタジアムで広島戦に臨む1軍本隊合流した直後に緊急帰阪した。

マツダスタジアム行きのチームバスにはユニホーム姿で乗り込んだが、球場に到着後、首脳陣と話し、帰阪となったとみられる。

球団広報は「本人の方からモチベーションが上がらないとあり、帰阪させました」と説明した。

7月途中から加入した新助っ人は同26日の巨人戦(東京ドーム)でいきなり決勝2ランを放って鮮烈なデビューを飾った。しかし、その後は低迷。20試合に出場して打率1割8分8厘、4本塁打、9打点と不振に苦しんだ。守備面でも4失策など不安定さを露呈し、8月19日に出場選手登録を抹消された。

ファームでは7試合に出場し打率3割6分、1本塁打と復調を見せ、俊介に代わって昇格する予定だった。ウエスタン・リーグ、オリックス戦(鳴尾浜)で右翼への特大の本塁打を含む2安打を放った後には「これがいつもの自分の感じ。(徐々に)タイミングを合わせることができてきて、いい結果になっている」と話していた。逆転CSに向けて大事な3位広島との直接対決。ソラーテの代名詞「セクシータイム」に期待がかかっていたが、はかなく消えた。

その他の写真

  • 広島対阪神 この日1軍に合流したソラーテだが、球場でモチベーションが上がらず首脳陣と協議の結果帰阪することとなった(撮影・加藤哉)