楽天三木監督「イーグルスの力になりたい」就任会見

楽天の三木肇監督(42)が14日、楽天生命パーク内で就任会見を行った。

「GMからお話しをいただいて、いろいろと思うことがありましたが決断しました。イーグルスの力になりたいとさらに強い気持ちになりました。GMから熱い言葉をいただいた。一緒にこのチームを強くしよう、変えていこうと。一緒に強くしていきたい」と意気込みを語った。

また、来季の目標について「総合的にチームワーク力がある、いろんなつながりのあるチームにしたい。(目標は)リーグ優勝です。それしかないと思います」と語った。

◆三木肇(みき・はじめ)1977年(昭52)4月25日生まれ、大阪府出身。上宮から95年ドラフト1位でヤクルト入団。08年にトレードで日本ハムへ移籍し、同年引退。通算359試合、59安打、2本塁打、打率1割9分5厘。09年から日本ハム内野守備コーチなどを務めた。14年にヤクルトに復帰し、15年は1軍作戦兼内野守備走塁コーチとして14年ぶりのリーグ優勝に貢献。16年からヘッドコーチを務めた。19年に楽天2軍監督となり、チームをイースタン・リーグ初優勝に導いた。181センチ、83キロ。右投げ両打ち。

その他の写真

  • 就任会見に臨んだ楽天三木監督(撮影・足立雅史)
  • 就任会見に臨んだ楽天三木監督(撮影・足立雅史)
  • 背番号「88」のユニホーム姿で就任会見に臨んだ楽天三木監督(撮影・足立雅史)