40歳広島石原「素直に話せば」絆深める時間を期待

湯布院リハビリキャンプ参加11人中、最年長の40歳広島石原慶幸捕手は「みんなが思っていることを素直に話せばいい。ここ数年はそう過ごせている」と絆を深める時間を期待する。

佐々岡新監督がラグビー日本代表の「One Team」のような一体感を求めているが「より一層という感じじゃないか。みんなが“チームのために”と思っていないといけない」と力を込めた。