阪神糸原がオフ無休宣言「しっかり継続したい」

鳴尾浜の残留組も秋季練習を打ち上げた。阪神糸原健斗内野手が音頭を取って円陣で一本締めし、グラウンドにファンを招き入れて選手とハイタッチも行った。

糸原は右大腿(だいたい)部後方の筋挫傷が「まったく問題ない」状態まで回復し、全体練習にも合流。「守備も打撃も数多くできたのでオフもしっかり継続してやりたい。速い球を打ち込みたいし、ウエートトレで体を強くしたい」と課題を挙げた。そのため「休むことがないように。無休で頑張ります」と宣言した。