工藤監督「レベルアップを」個別にオフ課題命じる

ソフトバンクが21日、宮崎の秋季キャンプを打ち上げ、工藤監督がナインに「オフ返上の心得」を説いた。若手中心ながら3週間のキャンプが終了。平石1軍打撃コーチ兼野手総合コーチ、森山1軍投手コーチも途中合流し、「体力強化」を目標に鍛え上げた。

「王球団会長も言われていたが、野球選手は野球をするしかない。2月にたくましくなったと首脳陣に思ってもらえるように選手は頑張ってもらいたい」。全選手個別にオフの課題をファイルし、手渡した。「個々にトレーニングの内容も伝えている」。練習前の円陣ではナインの輪に立ち、厳しい口調でオフの心構えを説いた。

今季は3年連続日本一に輝いたとはいえ、リーグ優勝を2年連続で逸した。来季6年目のタクトとなる工藤監督にとってV奪回&4年連続日本一は何としても成し遂げなければならない。「(V逸を)しっかり受け止めて選手たちにはさらなるレベルアップを。栄冠をつかめるようにしたい」。バラ色のオフもナインにとっては慢心の日は、ない。