日本ハム吉田輝星、大谷が飛躍遂げた聖地登板心待ち

聖地でのプロ初登板を熱望した。千葉・鎌ケ谷で自主トレ中の日本ハム吉田輝星投手(18)が11日、金足農のエースとして準優勝した昨夏以来となる甲子園での登板の可能性に胸を躍らせた。

前日10日に来年のオープン戦日程が発表され、3月6、7日に同地での阪神戦が組まれた。過去には同じ高卒2年目の大谷(現エンゼルス)も登板し、その年11勝。吉田輝も「きっかけになるかな」と飛躍への第1歩にする。

   ◇   ◇   ◇

光輝いたあの場所を思い出すように、聖地を沸かせた吉田輝の血が騒いだ。10日に発表された来季オープン戦日程。3月6、7日に甲子園での阪神戦が組まれていることを知らなかったが、報道陣から伝え聞くと、一瞬不敵な笑みを浮かべた。「(今年は)帯同しただけでしたからね、甲子園で。確かになにかのきっかけになるかなと思う」と、心待ちにした。

今年は6月の交流戦で1軍に合流。同7日阪神戦で甲子園の土は踏んだが、登板はなかった。翌週の同12日広島戦で初登板初勝利は果たしたが、金足農のエースとして6試合、881球を投げ、準優勝した18年夏以来の聖地マウンドはお預けとなっていた。

高卒2年目のオープン戦で甲子園に戻るとなれば、エンゼルス大谷と同じ道をたどることになる。投手として1年目に3勝を挙げた大谷は、14年3月8日の阪神戦で同期の藤浪と投げ合った。5回1失点で勝利投手となり、同年のシーズンは11勝&10本塁打の快挙を達成した。

今季は4試合に登板し1勝3敗、防御率は12・27に終わった吉田輝。この日は千葉・鎌ケ谷でキャッチボールなどをして体を動かした。「高校野球(を終えて)から、あそこでまだ試合をしていないので、プロの場所というよりは僕は高校野球の場所という(印象の)方が強い」。思い出の場所をステップにして、2年目のシーズンに弾みをつけたい。【山崎純一】

その他の写真

  • 室内練習場でキャッチボールをする日本ハム吉田輝(撮影・山崎純一)
  • 球場でランニングをする日本ハム吉田輝(右)と清宮(撮影・山崎純一)