広島島内が中崎に弟子入り「中継ぎの心得」吸収誓う

2年目の飛躍へ、広島島内颯太郎投手が中崎に弟子入りする。1年目の今季はすべて中継ぎで25試合に登板も、防御率4・40と安定しなかった。

シーズン後の宮崎・フェニックスリーグでも負傷リタイアとなったが、通算115セーブの先輩から合同トレを打診され、迷うことなく受諾した。「1軍で中継ぎとしてやって来られた方なので、心の持ちようとかを聞いてみたい」。精神面の弱さは課題でもあった。年明け6日から、守護神としてリーグ3連覇に貢献した右腕から中継ぎの心得を吸収するつもりでいる。

年内は体力強化で筋力や体重増に取り組んだ。年明けの合同自主トレでは技術面と精神面の強化を目指す。「落ち着いているときは、自分の球を投げられていた。落ち着いた状態でいられることが大事。そこは中崎さんに聞きたい」。投球の不安定さは精神的な弱さが影響したと自覚する。来春キャンプは中崎とともに2軍スタートとなることが濃厚だ。「いち早くアピールできるように。来年こそ信頼してもらえるようにやりたい。中継ぎなら7、8、9回で結果を出せるような立場になりたい」。守護神の教えとともに心技体を磨いて、広島の中継ぎ争いに割って入る。【前原淳】