ロッテ・レアード、千葉海上保安部ポスターに起用

“スシボーイ”が、千葉の海の顔になる。ロッテのブランドン・レアード内野手(32)が海上保安庁・千葉海上保安部の20年のポスターに起用されることが決まった。県内で順次、約2000枚が掲出される。

キャッチフレーズは「海の安全、あなたの命(ハート)、がっちり握ります」。海上保安庁は00年から緊急通報用電話番号「118」を運用。千葉海上保安部では118番の周知活動として、例年、ロッテの選手をポスターに起用している。

オフを米アリゾナ州の自宅で過ごしているレアードは「スゴ~イ。レアードさん、すし大好き、釣りも大好き、海大好きね! とてもうれしい。今年は海の安全を願いながら、去年以上のすしポーズをファンの皆様にお見せすることを約束するよ。目標は日本通算200本塁打だね」と球団を通じてコメントを寄せた。

また、ZOZOマリンの一、三塁側ベンチ上に設置されている水産会社「北辰水産」(千葉・柏市)の看板についても、レアード同様に2年契約で更新が決まった。