楽天オープン戦開幕戦に松井裕樹、23日に岸登板へ

  • ブルペンで投球する楽天岸(撮影・滝沢徹郎)
  • 楽天ブセニッツ(左)の肩をもむ則本昂(撮影・滝沢徹郎)

楽天先発ローテーションの軸がオープン戦からギアを上げていく。

開幕戦となる22日DeNA戦(宜野湾)は守護神から先発再転向の松井裕樹投手が中6日で3イニング、23日巨人戦(那覇)は岸孝之投手が2イニング予定で今季初実戦に臨む。

18日ブルペンで143球を投じた右腕は「キャンプに入って一番よかった。シーズンに100%で合わせていきたい」と好感触を示した。伊藤投手チーフコーチも「彼は実績も経験もある。1年トータルでやってくれれば」と信頼を置く。また、則本昂大投手は中7日で24日中日戦(北谷)へ回る。