阪神梅野”今季1号”「打った瞬間入ったかな」

  • 紅白戦 3回表紅組1死、梅野隆太郎は左越え本塁打を放ちベンチの出迎えでタッチする(撮影・上山淳一)

<阪神紅白戦:紅組6-1白組>◇18日◇沖縄・宜野座

阪神梅野隆太郎捕手(28)が“今季1号”を放った。18日の紅白戦に紅組6番指名打者で先発。3回1死で迎えた第2打席、飯田の高めに入った直球を見逃さなかった。コンパクトに力強く振り抜くと、打球は左翼スタンドへ一直線。「打った瞬間入ったかなと思ったので、良かったです」と手応え十分の1本だった。

5回の第3打席でも浜地の直球をはじき返し中前打。「1歩ずつやっていくことが今の準備段階で必要かなと思うので、結果として出てるので、ホッとはしてますね」。練習では自分の間を作ることを意識し、取り組みの成果が結果と内容に表れた。矢野監督も「リュウ(梅野)も内容もいいしね」と高評価した上で「1年間安定して成績を出すって簡単なことではない。次、リュウに何を求められているのとなれば、そういう部分やと思うし」とさらに期待をかける。

この日、矢野監督は西の開幕投手を明言した。正捕手として西との「開幕バッテリー」はもちろん目指すところ。「まずはお互い開幕を迎えられるように、自分でしっかりやっていきたい」。打撃も守備も、昨季からパワーアップする。【磯綾乃】