中日2選手飛び火自宅待機、球界にコロナ影響じわり

  • 消毒作業が行われるナゴヤ球場

中日は29日、2選手を4月5日まで自宅待機にすると発表した。新型コロナウイルス感染が確認されている阪神伊藤隼太外野手(30)と20~22日の練習試合(ナゴヤ)で接触のあった2軍チーム関係者15人のうち、この2選手に「グータッチ」の身体的接触や複数回の会話、数分の会話があったため。他の12人は本隊と時間差で練習や仕事をし、1人は通常通り活動する。

のちにPCR検査で陽性となった阪神伊藤隼と、練習試合であいさつなどした中日の関係者が15人いたことが判明してから一夜明け、球団はすぐに動いた。15人は全て2軍の首脳陣と選手、スタッフで、うち「グータッチ」などした2選手を4月5日まで自宅待機にすることを決めた。

球団は前日28日に1軍と2軍の首脳陣、選手、スタッフ全員の聞き取り調査を実施。2選手のうち1人は伊藤隼と複数回の会話とグータッチをし、もう1人は数分の会話を行ったことが分かった。調査結果を基に、NPBとJリーグが設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の専門家チームの地域アドバイザーを務める愛知医大・三鴨広繁教授から意見を取り入れ、方針をまとめた。加藤宏幸球団代表は「三鴨教授のアドバイスで、自宅待機の2選手は濃厚接触に当たらないと思われるが、15人の中でも最も長く伊藤選手と接触しているので大事を取って自宅待機にした」と説明した。

他の13人のうち12人は数秒、数十秒程度のあいさつ、会話程度で、31日に再開する2軍練習には、時間をずらして4月5日まで取り組むことになった。残る1人は通常通り。いずれも濃厚接触と判定しがたい状況で、会話時間のわずかな違いで対応に差が出る格好になった。幸いにも15人に発熱などの症状は出ていない。

チームは1、2軍とも29、30日は練習がなく、2軍練習試合を行ったナゴヤ球場は28日から立ち入り禁止となり、30日には消毒作業が行われる。今回の措置により、4月3~5日に同球場で予定された広島との2軍練習試合は中止になった。新型コロナウイルスの感染拡大で練習試合がなくなった1軍の主力を実戦調整のため出場させようとしたばかり。球界にウイルスの影響がじわじわと広まっている。

◆濃厚接触 厚生労働省の判断基準は「距離の近さ」と「時間の長さ」の2つで、距離の目安は2メートル。感染症対策専門家会議では「対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が会話などで一定時間以上続き、多くの人との間で交わされる環境は感染を拡大させるリスクが高い」としている。