阪神飯田「粘りきれなかった」5失点で反省の登板に

  • 9回1死一、二塁、降板を告げられベンチに戻る阪神2番手の飯田優也(代表撮影)
  • 9回無死二、三塁、アリエル・マルティネス(手前)に逆転の左越え3ラン本塁打を浴びた阪神2番手の飯田優也(代表撮影)
  • 阪神2番手の飯田優也(代表撮影)

<2軍練習試合:阪神3-6中日>◇17日◇鳴尾浜

阪神の先発バックアップ要員の飯田優也投手が2軍練習試合でアピールに失敗した。

中日戦の6回から登板し、3回1/3を7安打5四球で5失点。7回には先頭石垣にソロ本塁打を浴び、9回には育成選手のA・マルティネスに特大の左越え3ランを献上した。「厳しいところは突けていたんですけど、そこで粘りきれなかった」。打席では7回に右前適時打を放ったが、反省のマウンドとなった。