阪神大山カメラ席に突撃「捕らなくていい打球ない」

  • 阪神対巨人 5回表巨人2死、丸の飛球をカメラ席前で捕球した三塁手大山はカメラマン席に転落する(撮影・河野匠)
  • 阪神対巨人 5回表巨人2死、丸の邪飛を捕球した三塁手の大山は勢い余ってカメラ席に飛び込んだ(撮影・河野匠)
  • 阪神対巨人 5回表巨人2死、丸佳浩の邪飛を捕った三塁手大山悠輔は勢いあまってカメラマン席に飛び込む(撮影・清水貴仁)

<阪神2-1巨人>◇9日◇甲子園

2戦連続で4番に座った阪神大山悠輔内野手が攻守でハッスルだ。

7回は先頭で詰まりながら右前へ。ボーアの先制アーチを呼んだ。8回はビエイラの150キロを強振してライナーで左翼線二塁打。3試合連続マルチ安打で打率は4割台に突入した。守備でも5回に丸の飛球を捕球し、三塁カメラマン席に飛び込む気迫も見せた。「捕らなくていい打球はない。当たり前のことをやっただけ。必死にプレーする姿勢はチームに勢いもつきます」。全力プレーを体現し、状態を上げてきた。