初打席弾のオリックス大下は7番一塁で2日連続先発

  • オリックス対楽天 試合前の練習でトス打撃する大下誠一郎(撮影・上山淳一)
  • オリックス対楽天 大下(右)と山岡打撃投手(中央)は試合前のフリー打撃を終えボールを片付ける(撮影・上山淳一)

<オリックス2-0楽天>◇16日◇ほっともっと神戸

オリックス大下誠一郎外野手(22)が、「7番・一塁」で2日連続スタメンに抜てきされた。出場選手登録即スタメンとなった15日の楽天戦は「8番・三塁」で先発出場し、初打席で決勝3ラン。育成ドラフト出身者では初となる初打席本塁打の快挙を成し遂げた。

この日は試合前練習、シートノックで一塁守備に就き、試合でも「7番一塁」で先発した。

初打席は3回。場内の大きな拍手に送られて先頭の打席に立ち、楽天涌井に対した。カウント0-1からの2球目は頭部付近に抜け、のけぞってよける場面も。この打席は変化球を打ち上げ、遊飛に倒れた。