珍プレー!ボーク宣告も一転「双方がルール違反」

  • 田嶋が4球目を投げようとしたとき、グラシアルがタイムを要求、田嶋は投球動作に入っていたが、ボールを投げずに動きを中断(撮影・梅根麻紀)

<ソフトバンク5-10オリックス>◇23日◇ペイペイドーム

5回裏、ソフトバンクの攻撃中に珍しい場面があった。2死一、二塁で打者はグラシアル。オリックス田嶋が4球目を投げようとしたときに、グラシアルがタイムを要求。その様子を見た田嶋は投球動作に入っていたが、ボールを投げずに動きを中断した。

塁審からのボークの宣告で一、二塁の走者は進塁しかけていたが、森球審が審判団を集め、元の状況に戻した。これに工藤監督がベンチから出てきて抗議。森球審と5分ほど話し合った後、状況を戻して試合が再開された。

森球審は場内マイクで「打者が打撃姿勢をやめたので、投球を中断した。双方がルール違反を犯しているので、元に戻して再開します」と説明した。